ホーム > NEWS一覧 > Blog > 三学四師との内観対話:インサイトダイア…

三学四師との内観対話:インサイトダイアローグ:助走期間「命が伝えるモノ」

命(たましい)が伝えるもの!

映画「人魚の眠る家」見ましたか?

 

私は愛妻と二人で泣きながら見ました。

6歳のその子は、医学的には「脳死」している。

しかし、両親にとってそれは信じがたかった。

 

あらゆる先端的テクノロジーは、「脳死」のわが子を延命(健康で成長させる)する術があった。(もちろん法律や倫理的な課題は残っているが。)

 

8歳(その子が健康に成長する)を向かえて、いよいよ家族は決断の時を迎える。

ここから先のストーリーは書かないことにしよう。

 

その子(8歳)は、母の夢の中に登場して「この2年間ありがとう」と別れを告げる。

⇒顕在意識(頭脳)を失った生命(たましい)は、2年間潜在意識だけで生きていたのだ。

 

そして母にその子の潜在意識が語りかける。これは理屈では理解できない。直感なのである。感じ取る世界がこの世の中には確かにある。

 

母の至高の愛が、みらいの希望と未知なる可能性を開き、その子の2年間を生かしたのである。

 

まさに「命がある限りは希望がある!」

脳死状態でもその子は、この世に確かに生きていたのだ

と確信する。

  

CATEGORY

ARCHIVE

SEARCH